2005年11月01日

夢追狂の詩

ちょこちょこと細かいとこを更新。

テンプレを改造してみた。
お金もあまりなく、装備も全然なく、
それで生涯を生き抜いた殴りプリの思い出って感じで。
ちょっち説明文と被って見辛いかな。

リンクを変更。
なんかごちゃごちゃしたんで、ブログと普通のとで分けました。





以下、なんとなく書きたくなったもの。


つらつらと、心に刻んだ名言集




人の趣味や生き様を、バカにしたり口出しする奴が一番のクソッタレだ。


心に一振りの刀を持って、それは本当に大事な時以外抜くな。


初めから全力で挑もうとしても、そう簡単に出来るもんじゃない。
最後にやれるだけやったと言えるくらいが丁度良い。


知らねぇ国で知らない客の前で、すげぇ練習して踊ってんだろうな。
あいつら見てると涙出てくるぜ。


このでっかい地球でよ、愛知っつー小さい県のさらに小さい町にいて、その中の小さい自分。
そんな自分が自分だけのちっちぇ悩みでクヨクヨする必要があんのか?


男は侍に生きるべきなんだよな。武士道によ。


好きな事やってて、人の目を気にする必要なんてねぇ。
やりたい事をやりたいようにやれ。


誰かにロックをバカにされたってオレはキレねぇぜ?
やってる事が楽しすぎて忙しいから、そんなのに耳貸してる暇がねぇんだ。


強くなりたいなんて思わなくていい。強くあれ、だ!


マニュアル通りて言われようが、それだけ必死にやりたかった、なりたかったて事だろうが。


やろうと思った事をその時やらなかったら、いずれ忘れてやらなくなっちまうもんさ。


男なら行動で語れ。余計な自慢なんざ要らねぇよ。


オレと同じ班にも社員試験受けた人がいたんだ。
その人も社員になりたくて努力してたんだが、受かったのはオレだけだった。
結果発表の時よ、その人はオレに笑顔で「おめでとう」とだけ言った。男だ…て思ったね。


お前は黒じゃない。無色な透明色だよ。これから何にでもなれる色だ。


一度やるって口にしたんなら、誰になんて言われ様とやりとげろ。
結果がどうなったとしてもよ、
オレだけは笑いながら聞いてやるぜ。


惨めに這い蹲って生きるくらいなら、見栄張って潔く戦って死ね。


人生、ナメて掛かれば意外と何とかなる。それでダメなら、何とかする。


いつか・・・数年後かもな。オレとお前が再会したとき、
お前がまだまだ甘ったれだったらアバラの2、3本は覚悟しておけよ。
オレが責任もって全力で蹴り飛ばしてやる。


ロックて何だろうな。今でも分かんねぇ。でもそれがロックなんだろうな。


ロックに初級も上級もねぇ。ロックはロックだ!


お前もロックンロールに生きてやれっ!




かなりK先輩の言葉が多いなぁ。
それだけ私に影響を与えた人なんだってことだろう、きっと。
色んな言葉、色んな想いを礎にして、今日も明日も生きて行こう。
ひたすら前を見て、
でも時々後ろを振り返って。

だから・・・だから・・・

辛くなっても疲れても、乗り越えていこう。

posted by カナ と色々 at 22:13| 熊本 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名言ですなぁ、一つどっかで聞いた気が…
オイラのは迷言では?

もう一つオイラの好きな言葉を
「最低限張るべき意地も張れないんじゃ生きてる甲斐が無い」
まぁ、聞き様によってはクサイ台詞なんだけどねぇ…
Posted by 青髭兄弟一号 at 2005年11月02日 19:24
クサイとしても心を打つ言葉って人次第ですしね。
そういう意味でのクサイ台詞は、自分は好きですよ。
偽善者臭さのないクサさ。上等じゃないですか!

時間の都合上、書ききれなかった言葉がまだたくさん・・・。

Posted by kana(あぶ) at 2005年11月02日 20:29
こんちは!!
一号さんを称える会の幹事お疲れでした!!
あぶさん、いろいろ名言知ってますね〜
ぼくもクサイ台詞、大好きですよ
Posted by なり at 2005年11月06日 17:38
ぉ、なりさんいらっしゃーい。
先日はお疲れ様っしたー。

また時間が取れたら飲みにいきましょう。
こっちから静岡に行く手もありデス。
Posted by kana at 2005年11月08日 11:04
静岡は何にも無いのでつまらないですよ〜
でも、ツーリングスポットはいっぱい有るので
免許取ったらツーリング行きましょう!!
Posted by なり at 2005年11月15日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。