2005年11月15日

ジョーカーマン

いつもよりテンション高めにお送りいたします。

ザ・ハイロウズ突然の休止発表!!!Σ(゚Д゚ (゚∀゚(・ω・ (゚□゚ (・∀・(`Д´ )




以下、甲本ヒロト信者の意見なんで、


アンチ・ハイロウズは見るな!


あまりにも突然だったんで、
色んなトコ見て調べてみたんだけど、
ブルーハーツの時と同じく、
メンバー問題によるいざこざが可能性高い見方が多い。

ああいうバンドやってると、音楽性の違いとかでるしね。
ケンカが原因で解散したバンドも多いし。

なにはともあれ、

お疲れ様です&ゆっくり休んでください。ザ・ハイロウズ。



調べてる最中さ、
色んな意見を見る事になったんだけど、


「ドブネズミみたいに生きたくなんかない。」とか
「売れなかったからだろ」だとか
「古臭いし、つまんねーバンド」とか
「歌詞がわけわかんなかったしな。」など。

やっぱ反対意見も多数見られた。

ぶっちゃけた話、


ドブネズミの美しさが何たるかををわかってない奴に、
何言われても痛くも痒くもないね!



売れなかっただぁ?
じゃぁ、聞くけどさ。


ハイロウズに流行とかムーブメントなんてあったのか!?


ロックはあくまでロック。
理解してくれる奴だけが聞いてくれればいいが信念。
売れるとか売れないとか、そんなんはどうだっていいじゃん。

てか、売れる云々以前に、
それでもかなり高い知名度を維持し続けてきたハイロウズ。
あんな好き勝手な歌作ってたってのに。
それこそがハイロウズのスタンスじゃないかなぁ。

曲を聴く上でさ、
考えて聞くのも必要だよ、確かに。
けど、そんなんは本当に必要なのかな?
考えずに感じるままに好き、それでいいじゃん。

「科学は理科を学ぶ。数学は数字を学ぶ。
 だがよ、それら勉学の中で、
 音楽ってのは唯一、“音を楽しむ”って書くんだぜ。」




K先輩の言葉だけど、そういうもんだと私も思う。

あー、なんか、
痛くも痒くもないと言いながら、
かなり批判意見を否定してるな。
ま、いっか。怒ってないのも事実だし。

最後に、

「あぁ、やっと解散したか。あのパクリバンド。」

と思ってる人たちへ。




ロックが死んだんなら、そりゃロックの勝手だろ。


          ――スーパーソニックジェットボーイより抜粋



むー、考えてたのより、
書き出すと上手くまとまらない。

今日はビール飲んどきます!
posted by カナ と色々 at 21:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。